プロフィール

muku

Author:muku
むく工房のブログへようこそ!

HPもよろしく

mukukoubou.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.04.29    カテゴリ:  パン 

   ゴールデンウィークの営業日について

今さらですが、
ゴールデンウィークの営業日のお知らせです。

5月3,4,5,6日は芦北店は営業いたします。
9時~18時まで。
なお、八代店はお休みさせていただきます。

遊びに来てくださいね‼
スポンサーサイト

2018.04.12    カテゴリ:  パン 

   いい火加減

20180412150622b68.jpg

どう?
いい火加減じゃないですか。
と言っても「何が?」って言われそうですが。
これは、パンを焼く石窯のおき火を掻き出す直前の状態です。
この後おき火と灰を掻き出し、1時間30分程おいたら最初のパンを焼くのにちょうどいい温度になります。
何度かは知りません。計ったことないので。
窯の中に手をいれて、その感覚だけで判断します。
でも、大体は写真のおき火の様子で、今日はちょっと温度低いかな、高いかな、というのは判断できます。
その日の気温、湿度、燃やす薪の種類、大きさ、燃え方など、いろんな条件の違いで毎回違いますが、正に「習うより慣れろ」で、体が自然と覚えるものです。
まぁ、30年近くもやってるとねぇ。

とは言え、最初の頃は失敗の連続でした。
時間と共に膨らんでくるパン生地と、時間と共に温度が下がっていく石窯とのタイミングが合わなくて、温度がちょうどよくてもパン生地の発酵がまだだったり、発酵がちょうどいいのに窯の温度が高すぎてパンが真っ黒になったりと。
電気やガスの最新のオーブンだと温度や時間を設定するだけでもっと楽に安定して焼けるんでしょうけど、まぁ、この手のかかるのが可愛いんですけどね。
それに何より石窯の余熱で焼くとひと味違うんですよ。
ぜひおためしを!

2016.12.06    カテゴリ:  パン 

   お待たせしました❗

お待たせしました❗
いよいよ「きんかんのパウンドケーキ」のシーズン到来です。
お客様からは、今年のキンカンはまだですか?
と、嬉しい催促をいただいていましたが、やっとキンカンが色づきはじめ、今朝収穫してきました。
まだ完熟にはちょっと早いかな、つて感じでしたが、色付いてるのを選んで3㎏ほど。
20161206194323468.jpg

水洗いしたあとナイフで5~6箇所きりこみをいれ、軽くボイルしたあと種取りです。
これが結構大変なんだ。
切り込みを入れたキンカンをちょっと押さえながら竹串で種をほじほじ
結構な時間かかって手は痛くなるし目はショボショボなるし。
でも、美味しい「きんかんのパウンドケーキ」を作るために頑張りますよ!
20161206194324401.jpg

最後は洗双糖と焼酎でとろりと煮込んだら完成です。

201612061943258c6.jpg

いよいよ今週末から「きんかんのパウンドケーキ」登場しますよ❗

お楽しみに🎵

2016.11.10    カテゴリ:  パン 

   メロンパン じゃないよ レモンパンだよ。

お待たせしました。
今年も「レモンパン」の販売を開始します。
20161110160328ecf.jpg


いつもの年なら我が家の自然栽培(ほったらかし)レモンで作っていましたが、
今年1月の大雪でレモンの木が枯れてしまい全滅。
そこで、今年は天草の苓北で果樹や野菜、米を自然栽培している「福田果樹園」さんから少しばかり分けてもらいました。
少し小振りですが香りはバツグン。
焼き上げるとほんのり自然のレモンの香りが。
それに、なんと言っても農薬も肥料も使っていないので、お客さんに食べていただくパンの材料として、安心感が違います。
20161110160023af0.jpg
20161110160024f90.jpg

ちなみに、メロンパンなんかに香り付けで香料の入ったエッセンスを使いますが、これの原材料見たらビックリしますよ。
「香料、ポリエチレングリコール、エタノール」
食べ物はひとつもありません。
ご注意ください。

それにしてもパンについて書くのは久しぶりだな、
パン屋なのに。

2015.06.25    カテゴリ:  パン 

   パン窯の神様降臨 ! ! ! ?

先週の日曜日、突然店を休んでしまいました。

まずは知らずにご来店いただいたお客様にお詫び申し上げます。

誠に申し訳ありませんでした。

実は、先週の田植が終わった後体調を崩してしまい、

金曜、土曜は最悪の状態。

これまでパン屋を始めて25年、一度も健康不良でパン焼きを休んだことがなく、(たぶん)

病気になっても病院に行かない、薬を飲まない、熱があっても測らない、

典型的な早死にするタイプの私は、今回もなんとか気力で乗り切ろうと頑張っていましたが、

土曜のパン焼きのときには息も絶え絶え。

それでもなんとか後少しで焼き終わる、と安心したのもつかの間、

ロールパンの入ったトレーを一枚取り出したその時、

「ガシャーん!」

じゃないな、

「ドサ!」

という感じで石窯が崩壊。

ただただ呆然。

あー、明日の売り上げが、とか、あー、明日休める、とか、あー、窯を修理しないと行けない、とか、

いろんな事が一瞬に頭を駆け巡り、窯の前にしばらく放心状態で立ち尽くしていました。

あー、これはきっとパン窯の神様が、

「体が疲れているから少し休みなさい」といってくださってるに違いない。

というわけで、神様の思し召しにしたがい日曜は休むことにしました。

まぁ、体調が悪くて休んだのではない、ということを言いたいわけです。


しかし、その後の窯の修理は大変でした・・・・。


無惨にも崩壊した窯

20150625183349fd1.jpg

ロールパンやレモンパンが下敷きに・・・。

20150625183351314.jpg

アーチ部分の枠を作ります。

201506251833526db.jpg

枠を窯の上に設置。最後は燃やしてしまいます。

20150625183354481.jpg

アーチを作った煉瓦の上に赤土を張っています。
本来は数週間かけてじっくり乾かすのがいいんですが、時間がないので薪を燃やして急速乾燥。

201506251833556a9.jpg

今週は通常通り営業予定です。

お待ちしております。




Copyright © 天然酵母パン むく工房の “むく” な生活 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。