プロフィール

muku

Author:muku
むく工房のブログへようこそ!

HPもよろしく

mukukoubou.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー 《 田んぼの生き物 》   全1ページ
このページのリスト
2017.07.30  
  命めぐる田んぼ
2010.06.12  
  田んぼの生き物ー1

2017.07.30    カテゴリ:  田んぼの生き物 

   命めぐる田んぼ

以前、田んぼに糸ミミズが大量発生していると書きましたが、恐らくそれとも関係していると思われますが、トンボのアキアカネがむく工房の田んぼで大量に羽化していました。

20170730132658feb.jpg

手押し除草機を押して3回目くらいのころ、大量のヤゴの脱け殻が稲にくっついていて、田んぼの上には無数の羽化したばかりと思われるトンボが舞っていました。
最近は田植え前の稲の苗に振りかけて使う箱処理材の中にヤゴが死んでしまうくらいに強力なネオニコチノイド系の農薬が使われていて、トンボが減った原因の一つだと言われていますが、それと一緒にヤゴの餌が減ってしまったことも複合的に関係していると思います。
トンボの幼虫のヤゴは田んぼの中で糸ミミズやユスリカの幼虫を補食していて、農薬や除草剤の影響でこれらの餌さとなる微生物や小動物が死滅し必然的にトンボも減ってきているんじゃないでしょうか。

農薬や除草剤を全く使わないむく工房の田んぼでは、たくさんの微生物や小動物の安全な住みかとなり、それらをトンボなどの昆虫が補食し、次にそれらを鳥が補食し、・・・・ と言うように命の循環が出来上がっているんだなーと実感させられます。

そして、そんな命の循環がめぐる田んぼだからこそ農薬や除草剤を使わなくても、化学肥料や有機肥料を全く使わなくても安全で美味しいお米ができるのではないでしょうか。
人間はそこに少しばかりのお手伝いをしてあげるだけで良いのかもしれません。

20170730132659e65.jpg
20170730132700406.jpg
20170730132702e30.jpg
2017073013270379e.jpg


スポンサーサイト

2010.06.12    カテゴリ:  田んぼの生き物 

   田んぼの生き物ー1

自然栽培の田んぼではさまざまな生き物が確認できます。

iki1.jpg

写真はニホンイモリです。

背面は黒褐色ですが、腹面は赤く、黒い斑紋が入ります。

イモリの名前は、「井を守る」から来ているそうです。

井は井戸の井ではなく、田んぼの用水のことで、昔から田んぼを守る

生き物とされていたようです。

しかし近年では見られる田んぼも減ってきてるようですね。

うちの田んぼでも、山側の田んぼにはたくさんいますが、

集落内の田んぼではあんまり見なくなりましたね。

ところで、

イモリの黒焼きは、昔は「惚れ薬」として重宝されていたらしいですよ。

試して見たい人はご一報ください。


Copyright © 天然酵母パン むく工房の “むく” な生活 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog