プロフィール

muku

Author:muku
むく工房のブログへようこそ!

HPもよろしく

mukukoubou.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

2010.10.11    カテゴリ:  日本みつばち 

   はちみつの現状 1

日本のはちみつの現状について。~『ハチミツの「危ない話」』より~
hatimituabunai.jpg

日本で販売されているはちみつの95%が輸入物で、そのうち90%が中国から輸入されています。

中国は世界最大のはちみつ生産国で、多くの養蜂家が活躍しています。

はちみつの品質はピンキリで、質のいいはちみつはヨーロッパやアラブの王侯貴族が買っていて

日本に入ってくることはないそうです。

日本に入ってくるのは、キロ単価200円くらいの安いはちみつばかりのようです。

別に安くても品質に問題がなければいいんですが、中国からのはちみつは

水分を飛ばすため80度前後で加熱し、さらに国内でもう一度加熱処理されます。

はちみつは熱に非常にデリケートな食品で、加熱処理をされると酵素をはじめ、

ビタミンやミネラルなど貴重な成分が破壊され、色は茶褐色に変色し、

味も変わり、自然の芳香まで消えてしまいます。

つまり、私たちが普段口にしているはちみつの90%前後が、栄養分の消えうせている

はちみつとは名ばかりの、甘い液体を食べているに過ぎないということなのです。

この現状、どう思います?

さらに、日本に入ってきてからのはちみつにも、私たち消費者を惑わせるようなからくりが待っています。

その話は次回に・・・



スポンサーサイト
前回、日本ミツバチの話をUPされていましたね。とても嬉しく思いました。今は西洋ミツバチが幅を利かせていますが何故か集団脱走が問題になっています。多分働き過ぎて逃げたのでしょう(笑)

実は私も日本ミツバチを飼っています。今は父に預けていますが・・・忙しくて手が回らないのが現実です。

ですからよくわかります。

ただ、中国の蜂蜜は知りませんでした。とても悲しい現実です。どうしても中国に依存的な日本の姿の闇の事実なんですね。

もしお会いできる時は蜂蜜談義で盛り上がりましょう。
自分で採った蜂蜜はやっぱ美味しいですよねー。
うちは親父が最初やっていたのを、最近私が徐々に引き継いでるって感じです。まだまだ初心者ですのでいろいろ教えてくださいね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 天然酵母パン むく工房の “むく” な生活 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog