プロフィール

muku

Author:muku
むく工房のブログへようこそ!

HPもよろしく

mukukoubou.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

2012.06.17    カテゴリ:  自然栽培 

   田植え

13日(水)に田植え終了しました。

120616-2.jpg


山手の2枚の田んぼは山からの湧き水だけが頼りなのに

こないだまでのカラカラ天気で水がなかなか溜まらず、

荒代かき、植代かき、田植え後と何度も5メートルほど下の水路から

ポンプでくみ上げるはめに。

おまけにポンプの調子も悪く、急斜面を上ったり降りたり・・・。

結局修理に出して4500円の出費、ガソリンも結構使って

高い水になってしまいました。

それにしても昨日の大雨、

もう10日程早く降ってくれていたらナ~。


田植えの方はトラブルもなく、順調に終えることが出来ました。

まぁ、とりあえずはホット、てとこですが、

本番はこれからなんですね~。

そう、除草をどうするか。

これが一番大きな問題なんです。


去年は、チェーン除草を4回、カブマトール(手押しの除草機)を2~3回、

その後結局はテデトール(手で取る)で、6,7月だけで17日も除草に費やしていました。

今年ももちろん除草は頑張るつもりですが、八代店をオープンしてパン焼きの日が1日増えたことで

去年ほどは除草に時間がかけられない。

そこで、少しでも草(メインはなんといってもコナギ)が生えにくいように

抑草対策をとることにしました。

まずは代かき。

去年までは田植えの2~3日前に1回で仕上げていましたが、

今年は田植えの10日ほど前に荒代をかき、1週間後にもう一度植代をかくという方法です。

これにより荒代後に芽を出したコナギを植代で埋め込んでしまいます。

もちろん植代後には新しいコナギの種が地表近くに現れて次の発芽を始めるんですけどね。


そこで次の対策は、

田植えが済んだらすぐ米ぬかを30㎏~50kg/反散布しました。

これは、米ぬかが分解されるときの有機酸によりコナギの根を傷め成長を阻害する。

米ぬかが微生物のえさとなり増殖する。

これにより田の表面にトロトロ層が形成され、草の種を浮かせたり沈め込んだりする。

それと、一枚の田んぼにはこれと同じような目的でくず大豆を7kg/反散布しました。


はたしてどれくらい効果があるのか?

ないのか?




スポンサーサイト
こなぎ対策。。。

イイじゃん!!

俺と同じだよ~~荒代かきを15日程前にやり今ではコナギだらけ。。。
田植え3日間前に最後の仕上げをします。

米ぬかはまたイイね!更に光を遮断するから発芽が遅れるはず。。。

クズ大豆はどうだろうね??
ダイズが発芽したら一石二丁だね(笑)
マニさん

米ぬかは急に思いついて散布したけど、もっと早い段階で散布してるともっと微生物やイトミミズなんかが増えてトロトロ層がしっかり出来てたんじゃないかなと反省してます。

今日、チェーン除草やったけど、ちょっと田面が固いとなかなかコナギが抜けません。

くづ大豆は大豆のサポニンという成分がコナギの根をいためるそうです。
実験的に巻いた田んぼはたしかにコナギは少なかったようです。
ただ量がチョット少なかったみたい。
あんまり有機物入れるのもどうかと思うしね。
難しいところです。

なんかいい除草の方法があったら教えて。
むくさん

米ぬかは凄くイイよ。。。採れたお米からの還元だったらなお良いよね!
俺もコメぬか還元しようかな。。。

今年は新しい抑草と除草機の投入を考えています。
テいうか「草は生える」ってことを前提に除草していきます。
生えないようにするって厳しいのかもって感じてるんだよね~~~
マニさん
新しい抑草と除草ってなに?
ちゃんとブログにUPしてよ。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 天然酵母パン むく工房の “むく” な生活 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog