プロフィール

muku

Author:muku
むく工房のブログへようこそ!

HPもよろしく

mukukoubou.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

2012.09.17    カテゴリ:  パン 

   パンの話 - 小麦について-③

今回はむく工房で栽培している小麦「ミナミノカオリ」について。


1990年にむく工房がスタートしたとき、国産小麦といえば「農林61号」、「南部小麦」が主流で

その後、北海道産春まき小麦の「はるゆたか」が登場したばかりという状況でした。


当時のむく工房でも「はるゆたか」をメインにパンを焼いていました。

しかし、春まきの品種の「はるゆたか」は生産が不安定で、価格もどんどん高騰し、

ついには「ハルユタカ」100%は高嶺の花となってしまいました。


今ではなんと、25キロで1万円以上です。

これは、世界最高のパン用小麦といわれているカナダ産の「1CW」の倍以上の値段です。


そこで、


1999年に九州でもパンに使える硬質小麦を、ということで「ニシノカオリ」が登場、

2004年にはより硬質な「ミナミノカオリ」が誕生しました。


むく工房でも6年前から「ニシノカオリ」、「ミナミノカオリ」の栽培を開始しましたが、

最近では製パン性の良さから「ミナミノカオリ」を栽培しています。

b-komugi.jpgb-komugi2.jpg



自家栽培した小麦は、タンパク量が安定せず、パンに使うときは水分量の調整など

気を使いますが、より安全で香り高いパンをお届けするため

小麦の栽培にもより力を入れていきたいと考えています。
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 天然酵母パン むく工房の “むく” な生活 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog