プロフィール

muku

Author:muku
むく工房のブログへようこそ!

HPもよろしく

mukukoubou.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

2014.01.27    カテゴリ:  日常 

   50にして・・・

50歳になりました。

まぁ、だれでも生まれてから50年経てばなるわけだから、
ちょっとキリのいい数字。
というだけで、それほど感慨深いものはありませんが。

しかし、実は私は50歳になるのを密かに楽しみにしていました。

それは、20代の頃に読んだある本の影響です。

2005-06-17.jpg


「独りだけのウィルダーネス」 リチャード・ブローンネク著という本で、
機械工のリチャードが50歳になったのを機に、
一人、アラスカの誰もいない山の中へ入り、
自分自身の中に何があるのか?
自分の限界はどこにあるのか?
この無垢の自然と対峙していけるのか?
と、自分自身を試すため、少しばかりの食料と日用品、手斧、のこぎり、ノミ等の最低限の手道具だけで
木を切り倒し、丸太小屋を立て、畑を作り暮らした2年間の様子を綴ったものでした。

20代の頃、ログハウス作りに熱中していた私は、
自分も50になったらこんな暮らしがしてみたい、
と憧れたものでした。

20代の頃の私にとって、50歳というのは初老の始まり。
といったイメージで、人生の下り坂の始まり。
そんなふうに感じていました。
しかし、いざ自分が50歳になってみると
下るどころか、まだまだ登る気“まんまん”で
体力的にも全く問題ないし、(筋力は20代の頃よりUPしてるかも。老眼ははじまりましたが・・・)
やりたい事、やらなければならない事がいっぱいあって
年取ってる暇なんかない!
といった現状です。

しかし、こんなふうに体力的にも精神的にも充実していて
現状満足な私ですが、
最近、ちょっと、なんか違うな?と感じ始めています。
そう、20代の頃に思い描いていたあの感じ、
リチャードの生き方に憧れたあの感じと。
それは・・・・

まぁ、ちょっと長くなったので、
次回へ続きます。



スポンサーサイト
こんなん見たらログハウスつくりたくなっちゃうねぇ。
すっごくわかり易い動画だった。
この短い時間でコツがつかめるもんね。
この丸太は伐ってから乾燥なしに使っているのかなぁ?
ところで、50才おめでとうございます。
ネジさん
こんなん、憧れるよね~。
とりあえず暮らすための家だから、それほど乾燥していないと思うけど、
完成度なんか関係ないんだよね、住みながら手入れしていけば。
それもきっと楽しいと思うし。
ネジさんはもう50になったの?
私はまだ40代の若輩者です。
4月にはむくさんの後を追って50に突入します。
だから学年は一つ下なんですね。
って、急に敬語になっちゃいました。
ネジさん
なんだ、同級生じゃなかったんだね、
大丈夫、だからって偉そうにはしないから、
それにすぐ追いつくしね。
50歳!!
おめでとうございます!!
もっと若ーく見えるけど(本当に)。
かっけー大人の姿をますます見せつけてくださーい。
yamadaさん
ありがとう、永遠の27歳です。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 天然酵母パン むく工房の “むく” な生活 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog