プロフィール

muku

Author:muku
むく工房のブログへようこそ!

HPもよろしく

mukukoubou.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

2017.09.20    カテゴリ:  未分類 

   遠慮なしの侵入者

前回の続きです。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」のことわざも通りに謙虚な稲穂の育つ田んぼに、まったく謙虚じゃない侵入者が!!!。
そう、イノシシ🐗です。
去年までは田んぼの周りをウロウロしているだけでしたが、今年は大胆にも田んぼの中で暴れまわり、稲を踏み倒し、下手くそなミステリーサークルを3つばかし作ってるじゃないですか。
まったく!

20170920083017091.jpg

風で倒れた稲は同じ方向になびくので、手で立ち上げることも出来ますが、イノシシ🐗が暴れた後は倒れる方向はバラバラ、稲穂はイノシシ🐗の足で泥の中に踏みつけられて泥だらけで立ち上げるのは至難の技です。
これ以上やられたら大変なのでネットを張って防護することにしました。
ホームセンターで50メートルのネットを2つ、4000円の出費です。
まったく!

20170920083015ca4.jpg
201709200830118e4.jpg


これは全国的に問題になっている事ですが、イノシシ🐗や鹿などのいわゆる有害鳥獣と言われる田畑を荒らす動物の被害が年々増えているそうです。
うちの近所でも以前は鹿は見たことありませんでしたが、最近は民家のすぐ裏とかでも頻繁に見るようになりました。
鹿やイノシシにも事情はあるんでしょうが、やられる度にこちらもネットを張ったり電柵を張り巡らせたりと対策を取らなければなりません。もちろんそれなりの出費もかかります。
私たちの地域のような、山手の条件の悪い小さな田んぼほど収量は少ないのに経費だけは上がっていく、と言う悪循環になってしまっています。
これではますます後継者は減るばかりです。

里山の自然、なんだか心地良い言葉ですが、里山の自然は自然じゃありません。
地域の人たちが田畑を作り、畦の草刈りをし、水路の掃除をし、山の間伐をし、・・・
こういう多くの手間と時間をかけて守られているのです。
最近では「中山間地域等直接支払制度」など、これらの作業に少しばかりの補助が出るようになっては来ましたが、作業をやる若者がいないことが心配です。
まだまだ問題は山積みです。
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 天然酵母パン むく工房の “むく” な生活 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog