プロフィール

muku

Author:muku
むく工房のブログへようこそ!

HPもよろしく

mukukoubou.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.04.12    カテゴリ:  パン 

   いい火加減

20180412150622b68.jpg

どう?
いい火加減じゃないですか。
と言っても「何が?」って言われそうですが。
これは、パンを焼く石窯のおき火を掻き出す直前の状態です。
この後おき火と灰を掻き出し、1時間30分程おいたら最初のパンを焼くのにちょうどいい温度になります。
何度かは知りません。計ったことないので。
窯の中に手をいれて、その感覚だけで判断します。
でも、大体は写真のおき火の様子で、今日はちょっと温度低いかな、高いかな、というのは判断できます。
その日の気温、湿度、燃やす薪の種類、大きさ、燃え方など、いろんな条件の違いで毎回違いますが、正に「習うより慣れろ」で、体が自然と覚えるものです。
まぁ、30年近くもやってるとねぇ。

とは言え、最初の頃は失敗の連続でした。
時間と共に膨らんでくるパン生地と、時間と共に温度が下がっていく石窯とのタイミングが合わなくて、温度がちょうどよくてもパン生地の発酵がまだだったり、発酵がちょうどいいのに窯の温度が高すぎてパンが真っ黒になったりと。
電気やガスの最新のオーブンだと温度や時間を設定するだけでもっと楽に安定して焼けるんでしょうけど、まぁ、この手のかかるのが可愛いんですけどね。
それに何より石窯の余熱で焼くとひと味違うんですよ。
ぜひおためしを!
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 天然酵母パン むく工房の “むく” な生活 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。